くすみ対策【レーザー治療】

鏡を見て自分の肌がくすんでいるとそれだけで憂鬱になってしまいそうですよね。きっとそのくすみが無いだけで顔の印象もパッと明るく晴れやかな感じになると思うのです。

 

その為のくすみ対策として挙げられるのがレーザー治療になります。色素沈着、血行不良、シミが原因となってくすみとなって結果的に現れてくるのですが、レーザー治療でそれが改善されるとしたらどうでしょう。

 

もちろんこのくすみ対策は自分で行う物ではなく、お医者様が行ってくれる対処方法になります。医師免許が有る所になりますのでエステ等でもお医者様がいないと医療行為に反する事になります。

 

レーザー治療は肌のくすみだけじゃなくて歯茎への色素沈着に対しても行えると言うもので、それだけ効果も期待出来るものだと思います。どんなにお手入れをしていたとしても、年齢がかさんで来るにつれて有る程度はくすみが生じてくる物だと思います。

 

そう言う時にレーザー治療でくすみ対策が出来るとしたらとても心強くはないでしょうか。レーザー治療でくすみ対策をする事は、海外では結構前から行われていたみたいですが、日本ではそれほど年月が経っていないのでまだまだ不安定な所もあります。

 

ですから出来ればレーザー治療でくすみを解消している経験が豊富にある医師にお願いした方が良いかと思います。直ぐにレーザー治療を行うのではなく、カウンセリングを充分に行い、ご自分で納得をして医師も信頼出来ると確信したら行う様にすればいいと思います。

 

 

くすみ対策2

くすみ対策【治療】

血行を良くしたり、生活習慣を変えてみたり、洗顔をしっかりと行ったりと、くすみ対策には色んな方法が有ります。色んな対策方法を試してみても改善しないなと思ったら、くすみ治療を考えてみても良いと思います。

 

治療と聞くとビックリしますよね。でもくすみ治療にはどんな治療方法が有るのでしょうか。現在はたくさんくすみに効果的な治療方法が開発されています。ご自身のくすみの状態を判断してもらい、治療方法を決めるのが一般的です。

 

くすみが有ると言う事は、古い皮膚細胞が肌にずっと残っていてそれにメラニンが含まれている状態の事です。その上血行不良にでもなってしまったらくすみの状態もどんどん酷くなってしまいます。

 

くすみを感じ始めたら治療だけに頼らずに生活習慣の改善なども並行して行う事が大切でも有ります。

 

もし細かいシミやくすみが有ったり、若いときから紫外線を浴び続けている方の場合はフラッシュレーザーと言う治療方法が良いと言われていますし、その他にも状態によってレーザー治療を行う場合も有ります。

 

もしどうして良いか分からないと言う場合には、美容外科や美容整形外科等に行って相談してみると良いでしょう。シミでもくすみでもレーザー治療をした場合はそのままにせずにアフターケアをする事も大切となります。

 

アフターケアをしないと治療をする前より悪くなってしまう事が考えられますので、せっかく治療したシミやくすみを効果が持続する様にしましょう。

 

 

 

くすみ対策2

くすみ対策【自律神経を整える】

疲れを溜めない様にして身体をしっかりと休める事はお肌にとってとても大切な事になります。不規則な生活をしていると身体の自律神経が乱れてくる様になります。これにより肌など色んな所に悪影響を出す様になるのです。

 

ちょっとした生活の乱れは肌に大きく負担としてのしかかっています。そうなると自律神経が乱れてきます。自律神経が乱れてくると肌のくすみもそうですが、感情や身体の機能もおかしな状態になってくるのです。

 

自律神経はとても大切な物で、体温調節を司ったり、感情をコントロールしたりしています。こうした機能が乱れてしまう事によって血行不良を引き起こしてしまう様になり、身体はどんどん冷えてきてしまいます。

 

そうなると結果的に肌のくすみを生じさせる事になってしまうのです。自律神経はストレス、疲れ、季節、気温の変化等が大きく関係しています。

 

色んな所に影響を及ぼす事になります。そうなると食欲不振も引き起こして栄養が体中に行き渡らなくなり肌トラブルの原因となってしまうのです。

 

くすみ対策の為にも自律神経を整える事がとても大切な事になります。くすみの原因は色んな要因が重なって、結果的に血行不良になってしまい起こってしまう事が挙げられます。

 

血中のヘモグロビンが減少してしまうと赤みが出てこなくなりますのでくすみとなってしまうのです。疲れをしっかりと摂る事、入浴をする事、睡眠をしっかり摂る事、結果的に自律神経を整える様にする事がくすみ対策には必要なのです。

 

 

くすみ対策2

くすみ対策【ケミカルピーリング】

ケミカルピーリングでくすみ対策が出来ると言われています。ケミカルピーリングとは皮膚に古い角質を剥がしてくれる様な成分を塗り、肌の表面を新しい物にすると言う物になります。

 

現在ではエステや皮膚科で受ける事が出来るみたいです。ケミカルピーリングをする事で、にきび、くすみ、シミ、毛穴の詰まり等の改善が期待出来ます。

 

皮膚表面に蓄積してしまった古い角質を除去してあげる事で、肌のターンオーバーが正常な状態に戻っていき、くすみが無い透明感が有る肌を取り戻す事が出来るくすみ対策方法になります。グリコール酸と呼ばれる物を使用して古い角質、老廃物等を溶かしていきます。

 

これは日本人の肌に合っていると言われるマイルドな感じのケミカルピーリングになります。これにより肌のくすみ、ざらつきを改善してくれると言う対策方法になるのです。

 

ケミカルピーリングを行った場合、その後は放っておいてはいけません。その後のスキンケアがかなり重要な物になるのです。ケミカルピーリングを行った後の肌は、古い角質が溶かされている為に皮膚自体が薄くなっている状態にあります。

 

その為に紫外線の影響を通常より受けやすい状態になっているのです。紫外線をその状態で浴びるとくすみやシミなどが今までより悪くなる場合が有りますので、日焼け止めをしっかり行う様にする必要が有ります。

 

またケミカルピーリングは1 回だけじゃありません。大体肌のターンオーバーに合わせて10 日間隔位で6〜7 回位行うと良いみたいです。

 

 

くすみ対策2

くすみ対策【クレンジング】

クレンジングをする事はくすみ対策としてとても重要な事になります。その日の内にクレンジングで皮脂等をしっかり落としてあげると、くすみ発生を防止する事が出来るのです。

 

メイクをすると肌は埃やゴミなど、色んな汚れから守られます。しかし化粧品に含まれている脂分、皮脂等が酸化してしまいくすみの原因となる事もあるのです。

 

その為に帰宅したら直ぐにクレンジングをしてお化粧をしっかりと落としてあげる事が大切となります。クレンジングをすすぐ時にもしっかりと残さない様にすすぐ様にしましょう。

 

よくやりがちなのが、お化粧をしたまま眠ってしまったり、シート状のクレンジングで拭くだけで済ませてしまったりする事です。そうすると後々くすみを引き出してしまう事になりかねないのです。
若いうちだと新陳代謝も良いのでなかなかくすみは感じないかもしれませんが、それが10 年後大きく差が出てくる様になります。

 

クレンジングを使う際には脂分がそんなに無いタイプの物を使用します。クレンジングでお化粧を浮かせた後に洗顔で残りのお化粧や皮脂を充分に洗い流してあげると良いみたいです。

 

そして毛穴を開かせて汚れを取り除く用にしたら、毛穴を引き締める事もくすみ対策として必要になります。その為のスキンケア用品と言うのもたくさん有りますので探してみても良いかもしれません。

 

そして洗顔が終わったらマッサージクリーム等を使って肌のマッサージをしてあげると更に血行もよくなり良いみたいですよ。大体これを2〜3 ヶ月は続けてみて下さい。くすみが改善されているのがお分かり頂けると思いますよ。

 

 

くすみ対策2